睡眠薬通販で不眠症を吹き飛ばそう   >   この睡眠障害にはこのお薬

この睡眠障害にはこのお薬

睡眠障害に悩む男女

睡眠障害とひとことで言っても、様々な症状があります。睡眠障害にはどのような種類があるのでしょうか。

・入眠障害
・途中覚醒
・早朝覚醒 など

入眠障害は比較的20〜30代の方に多く見られる症状です。寝床に入っても30分以上寝付けない場合は、入眠障害の疑いがあります。途中覚醒は睡眠障害の中で最も多く、60歳以上が圧倒的に多いです。途中覚醒の場合、夜中に何度も目が覚めてしまいます。早朝覚醒も60歳以上の方に多くみられる症状で、起きる予定の時刻より2時間以上早く目が覚めてしまうのです。どの症状に当てはまるかによって、最適な睡眠薬が異なります。

睡眠薬は一般的に下記のように分類されます:

・超短時間型
・短時間型
・中時間型
・長時間型

超短時間型は効果が発揮されるまでの時間が1時間未満と即効性に優れています。効果持続時間が4時間程度なので朝まで引きずることがないのが長所です。短時間型も効果が現れるまでの時間が短く、1〜3時間程度です。超短時間型と短時間型は入眠障害と途中覚醒の治療で使用されます。

中時間型は3時間程度で効き始め、24時間程度効果が持続します。長時間型は5時間程度で効果を発揮し、24時間以上効くと言われています。これらは早朝覚醒の治療で主に使用されますが、長時間型は効果が丸1日以上つづくため、翌日眠気やふらつきなどの症状が起こることがあります。

このように、睡眠薬にはさまざまな種類があり、それぞれ効果を発揮する睡眠障害があるのです。自分がどのタイプの睡眠障害を患っているのか確認した上で、睡眠薬を選ぶようにしましょう。通販サイトでは、様々な種類の睡眠薬が購入できます。病院でもらうよりも安価で自分の好きなように選べるので便利です。

Copyright(c) 2018 睡眠薬通販で不眠症を吹き飛ばそう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com