睡眠薬通販で不眠症を吹き飛ばそう   >   睡眠薬にも色々ある

睡眠薬にも色々ある

さまざまな睡眠薬の錠剤

睡眠薬とひとことで言っても、数多くの製薬会社が製造しており、成分によっては効果も違いします。不眠にも種類があるように、睡眠薬にも種類があるのです。

睡眠薬は大きく分けて下記のように分けられます。

・超短時間型
・短時間型
・中時間型
・長時間型

超短時間型の睡眠薬は即効性は最も高く服用後1時間以内で効果が発揮されます。服用後2時間くらいでピークを迎え、4時間後には効果が切れ始めます。超短時間型の睡眠薬にはマイスリーやハルシオンなどがあり、睡眠障害の中でも寝つくのが難しい入眠障害と途中で目が覚めてしまう中途覚醒に効果が高いとされています。

短時間型の睡眠薬は即効性はやや高く、服用後1〜3時間で効果が発揮されています。効果持続時間は4〜6時間で、デパスやエバミール、レンドルミンが短時間型の睡眠薬に分類されます。こちらも入眠障害や中途覚醒に効果的です。なお、超短時間型と短時間型の睡眠薬は、効果持続時間が比較的短いため、翌朝まで効果を引きずることがないというメリットがあります。

一方で中時間型の睡眠薬は即効性には欠けますが、効果持続時間が24時間程度と、長く続くのが特徴的です。したがって、中途覚醒と朝早くに目が覚めてしまう早朝覚醒に効果的とされています。

長時間型の睡眠薬は効果が現れるまでに3〜5時間ほどかかってしまいますが、24時間以上効果が持続します。こちらも早朝覚醒に効果を発揮します。中時間型と長時間型の睡眠薬では、翌朝まで効果が続いてしまうので、翌日車の運転や機械の操作は控える必要があるでしょう。

このように、睡眠薬にも様々な種類があるため、ご自分がどの睡眠障害にあたるのか考えた上で選ぶことをオススメします。

Copyright(c) 2018 睡眠薬通販で不眠症を吹き飛ばそう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com